HOME > sweet treat 311とは > メンバー紹介

メンバー紹介

立花 貴(たちばな たかし)代表理事

公益社団法人Sweet Treat 311 代表理事。一般社団法人東の食の会理事。一般社団法人3.11震災孤児遺児文化スポーツ支援機構理事。株式会社四縁代表取締役。1969年仙台市生まれ。東北大学法学部卒業後、伊藤忠商事株式会社入社。大学時代に、入社5年で起業するという計画から1年ずれるも、6年で伊藤忠を退社し起業。2000年、食流通関連の株式会社エバービジョン設立。2010年、日本の食文化・伝統工芸の発信する会社、株式会社四縁設立し、薬師寺門前AMRIT運営。震災後、文化人や民間企業、首都圏のボランティアとともに石巻雄勝中心に支援活動にあたる。その復興支援の活動が注目され、テレビ「サキどり!」(NHK)、「NEWS23」(TBS)や日経ビジネスなど多くの雑誌、メディアで紹介。著書:心が喜ぶ働き方を見つけよう(大和書房 2012年4月17日発刊)

油井 元太郎(ゆい げんたろう)理事

1975年東京生まれ。幼少からアメリカで生活。アメリカ合衆国ペンシルバニア州レバノンバレー大学音楽学部 卒業後、ニューヨークで音楽の仕事に携わる。1999年より日本テレビにてMLB、NFL、IRLといったアメリカンスポーツを日本へ放送。退社後2004年9月にキッザニアを日本に導入する株式会社キッズシティージャパンの設立に関わる。以後コンテンツ開発をはじめとする施設の開発を担当。2006年10月キッザニア東京を開業、以後年間80万人の来場者に楽しい学びを提供。ライフワークとしてこどもの教育や食文化発展、生産者支援、自然環境保全などに取り組む。                                

船橋 力(ふなばし ちから)理事

1970年横浜生まれ。上智大学経済学部卒業後、1994年4月、伊藤忠商事株式会社入社。 2000年3月 伊藤忠商事を退社し、株式会社ウィル・シード設立、代表取締役に就任。「教育を通じてより良い世の中に」をモットーに350社以上の上場企業へのコンサルティング・研修、グローバル教育を実施。2009年、ダボス会議等をアレンジする財団、世界経済フォーラムが毎年100~150名選出する 40歳以下を対象とした「次世代グローバルリーダー100人」(通称:ヤンググローバルリーダー)として選出。震災遺児・ 孤児を中心とした被災学生へのリーダシップ教育を実施するビヨンド・トゥモロー代表理事。

北本水晶(きたもと きらら)理事

1970年世界赤十字デー、東京生まれ。コミュニケーションデザイナー/アトリエリスタ。法政大学法学部卒業後、㈱電通にて企業や自治体の戦略PR、クリエイティブ開発に従事。「教育と医療に、もっとアイディアを。コミュニケーションの力で、よりよい社会を目指す」が信条。在学中から学習環境デザインを学び、こどもたちの想像力開発を目的としたワークショップや展覧会を多数手がける。油井とともに、キッザニアの事業ブランディング、コンテンツ開発を担当。フレネ、モンテッソーリ、イエナプラン、レッジョエミリアなど、オルタナティブ教育の研究者でもある。2012年3月11日から、石巻の“こども記者”による「石巻日日こ ども新聞」を発行開始。現在、電通ソーシャル・デザイン・エンジン所属。著書:「レゴブックミュージアム」(扶桑社)、「希望をつくる仕事 ソーシャルデザイン」(宣伝会議)など。戸籍名:北本英光。

安田 健司(やすだ けんじ)

2011年4月に災害ボランティアとして石巻市雄勝町で活動。
その後大学生活と並行して、被災地支援事業を行うNPOにて計1年間インターン。
2012年8月より現地スタッフとして参画。

他プロジェクトスタッフ

活動拠点

本部・おがつアカデミー

〒986-1331 宮城県石巻市雄勝町明神沼尻13-5