HOME > 活動報告 > 2013年 > 未来の雄勝を提言「決意表明式」

未来の雄勝を提言「決意表明式」

2013年1月6日

仲間と記念写真

概要

年が明け間近に迫った高校受験に向けて雄勝中学校の3年生8名による決意表明式を行いました。
北上町にある受験合格で有名な釣石神社で合格を祈願。その後おがつアカデミーに場所を移し、志望校の書き初め。それぞれの志望校を、合格への思いを込めて力いっぱい筆で書きました。雄勝は日本で有名な硯の産地であるため、小さいときから書道に親しんでいる生徒も多いようでした。
次に、高校受験およびその後の自分の人生に対する決意表明として、「高校に入学したらやりたいこと」「10年後自分はどうなっていたいか」を考え発表。生徒たちからは「友達を100人つくる」「今の同級生で最低一年に一回は同窓会を開く」「ためたお金でどこか旅をする」といった声があがっていました。
そして最後に、自分たちの故郷である雄勝の未来をどうするかについて各自の考えを仲間と共に話し合いました。①雄勝のまちのいいところは?②雄勝のまちに取り戻したいもの・ことは?③雄勝のまちに新しくほしいものは?という3つの切り口から雄勝の未来を考えてもらいました。生徒たちは「雄勝のいいところは自然がたくさんあるところと人があたたかいところ」「ゆくゆくは海外にも認められ外国人がたくさん来る」といった意見が出ました。
一年間同じ場所で切磋琢磨してきた仲間と共に合格を祈願すること、また、各々の考えをあらためて共有することによって、仲間との絆を再確認する場となりました。皆、自分の将来に少し戸惑いながらもしっかりと夢を抱いていました。

フォトギャラリー

体験談

質問①高校入学したらやりたいこと

  • 海外へ行きたい
  • 友達を100人以上つくる
  • 今の同級生で最低年に1回は同級会を開く

質問②10年後の自分はどうなっていたいか

  • 英語を話せるようになりたい
  • ヘアーリストを目指す
  • ためたお金でどこか旅をする

質問③雄勝の未来をどうするか

  • 雄勝のいいところは自然がたくさんあるところ
  • 雄勝のまちに取り戻したいものは家
  • いずれは海外にも認められ観光客が多く来るまちに

ページトップへ